低刺激化粧品で安心目元ケア|体の部位で化粧品を使い分ける

レディー

毎日続けることが大切

肌のお手入れ

なじませてぬぐう

皮膚が薄くて皮脂腺もほとんどない目元ケアは大切にしないとシワやくすみの原因になります。目元ケアのコツは、こすらないことと守ることです。基本のお手入れを見直せば、いつまでも明るくハリある目元でいるための、正しいケア方法があります。まず、アイメイクは専用リムーバーを使うようにしましょう。指の間にコットンをはさみ、アイメイクリムーバーをコットンがヒタヒタになるまでたっぷりと含ませます。量が少ないと、どうしても目もとに当てたときにコットンの繊維が肌への刺激になるので注意が必要です。そして上まぶたと、まつげの外側にコットンを当てて、10秒程度そのままおきます。アイメイクとリムーバーがなじんだら、まつげの先へ向けてコットンをそっと動かしてぬぐいます。

目のきわまでクリームを

目元ケアは日頃から行なうことがとても大切です。コットンでやさしく拭い取ったら、お手入れの最後は洗顔後、化粧水や乳液、クリームなどで顔全体を保湿しましょう。その後に再び薬指の腹に乳液やクリームを少量とります。下まぶた全体にやさしくのせ、目のきわまでていねいになじませます。指に残った乳液やクリームを、上まぶたにのせ、やさしくなじませます。こすらず、指を置くようにしてすべらせるのが目元ケアのコツです。力を入れると刺激になり、まぶたがくすむ原因になるので注意が必要です。目元ケアは積み重ねが大切で毎日続ければ、くすみも改善されるはずです。いまは目元専用のアイクリームもあるので、化粧水なども使用したあとに贅沢ケアとして使用しましょう。