低刺激化粧品で安心目元ケア|体の部位で化粧品を使い分ける

レディー

毎日続けることが大切

肌のお手入れ

メイク落としのときに、ゴシゴシこすると薄い皮膚を傷つけてしまう原因になります。シワの気になる目のきわまで、きちんとした保湿も大切です。基本のお手入れを見直せば、いつまでも明るくハリのある目元でいられます。そのためには毎日の目元ケアが大切です。

View Detail

炭酸で解決する目元の問題

スキンケア

目元ケアでは強い刺激のある化粧品を用いることができませんが、穏和なものを用いるとなかなか改善しないこともあります。そのときに有用なのが炭酸であり、炭酸パックは最も効果があります。その特徴はゆっくりとでも確実に効果があることであり、肌の細胞を新しいものに入れ替えることで肌の状態が改善します。

View Detail

目の周りのお手入れ法

肌のお手入れ

目の周りの皮膚は繊細

皮膚はお手入れすれば効果が現れます。しかしそれは「正しい」お手入れであることが大切です。顔のケアの中でも特に目元ケアは使う化粧品や方法を間違えるとかえって逆効果です。頬や額と違い目の周りの皮膚は薄くなっています。また皮脂腺が少なく皮脂による自然な潤いが得にくい部分です。かさつきによる細かいシワが目立ってしまうのもそのせいです。シワは肌の乾燥で起こりますが紫外線のダメージも影響しています。外出時には大きな帽子やサングラスなどで直射日光を防いで目元ケアしましょう。同じく紫外線のダメージやこすりすぎで目の下にクマが出来ることもあります。他に目の周りの血行不良やたるみやくぼみによる影もクマの原因となります。

擦らず優しくなじませて

目元ケアで注意するのは強い摩擦や刺激を与えないということです。目は無意識に擦ってしまいがちです。長時間のパソコンやスマホで目が疲れたときにやってしまうことがあるでしょう。化粧を落とすときのクレンジングでもゴシゴシ擦るのは注意です。薄い皮膚にはかなりのダメージになります。また洗顔料やクレンジング剤を大量に使うのもよくありません。汚れだけでなく必要な皮脂まですっかり落としてしまい乾燥を招きます。目元ケアでは繊細な目元用の化粧品を使うのがよいでしょう。乾燥対策として保湿効果のある化粧品がいろいろ出ています。やさしく皮膚になじませるようにします。皮膚は人それぞれ状態が異なるので使用にはサンプルなどで試してみて自分に合ったものを選ぶようにしましょう。目元ケアを丹念にしなければならないというイメージは一般的に浸透していますが、その方法によっては逆効果になってしまうことがあるでしょう。目の周りは皮膚が薄く、毎日の洗顔やアイメイクなどが刺激となって色素沈着を起こす可能性があります。ですので、目元ケアと言っても強く擦りすぎたり、執拗にマッサージをし過ぎたりするのは良くない行為なのです。摩擦が起きないように、マッサージ専用のオイルを使用するのが最適でしょう。

デリケートな目元

スキンケア

女性だけではなく、男性も目元の小じわが目立つことで老けた印象に見えてしまいがちで、目元ケアにより、見た目年齢を下げることに繋げられます。しわの原因となる乾燥にアタックできながら、男性でも手軽にケアできる化粧品が話題を集めています。

View Detail